スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ワークキャンプ in 安曇野とは?

 2009-06-02
ワークキャンプ in 安曇野について

♪ことのはじまり
2008年、長野県安曇野にあるゲストハウス『安曇野地球宿』に、
ワークキャンプをこよなく愛する人たちが立て続けにやってきました。
地球宿宿主がこのメンバーで、
「目の覚めるようなワークキャンプを安曇野でできないだろうか?」
と企み、その呼びかけに集まってきた面々で実行委員会を結成し、
9月に安曇野でワークキャンプを開くことになりました。

♪どんなワークキャンプになるの?
今回のワークキャンプのタイトルは、
『生きることは食べること ~NO的暮らしから、農的暮らしへ~』です。
企画の目的として、
普段何気なく食べている食べ物の背景を知ること。
農業の現場を体験し、食べ物を生産する農業者のナマの思いに触れることで、
地方の「農」と都会の「食」とが繋がります。

また都市での消費生活を離れ、自ら生産する生き方をしようと、
安曇野で農業や農的生活・半農半Xな生き方を実践する人たちとの交流を通し、
参加者それぞれの生き方を改めて考えてみる機会にもなればと考えています。

♪安曇野はどんなところ?
北アルプスを背景に麓に展がる田園地域、清冽な川や豊富な湧き水、
リンゴなどの果樹やわさび田、田んぼなどが広がる山紫水明な農村地帯です。
また多くの職人や芸術家が創作活動を行っています。
東京など都市部から電車・バスで3時間で来れるアクセスの良さです。

今回のワークキャンプは安曇野の中でもリンゴの産地でもある三郷小倉という
農村エリアを舞台に行われます。地元に根付いて農業や農的生活を行い、
夢を実現している農の実践者たちに丸ごと受け入れてもらいワークキャンプを実施します。

♪宿泊会場の安曇野地球宿は?
2007年にオープンした地域に根ざしたコミュニティ型のゲストハウスです。
農的生活をベースにした半農半宿です。

♪どんな人たちが実行委員なの?
実行委員会は東京など首都圏と長野県内各地に在住の有志からなります。
それぞれ仕事を持ちながら、ワークキャンプづくりを進めています。
詳細は「実行委員会メンバー紹介」カテゴリをご覧ください。


ワークキャンプとは?(環境gooより)

参加者が共同生活を送り、井戸掘りや、植林、学校建設などの作業をボランティアで現地の人々と共に行う。働くだけでなく、現地の人々や参加者同士との共同作業や交流を通じて相互理解を深め、考え方や生き方を学ぶことができる。当初は国際協力分野で活動するNGO(非政府組織)による企画が多かったが、現在は多様化しており、環境保護、祭り運営、教育、文化保全など様々な分野に広がっている。



予定ワーク内容

1日目

お昼過ぎに地球宿に集合、自己紹介!軽くみんなで農作業をして、農を体感します。
夕食後、安曇野の農業者のミニ講演会とお酒を交え、談話で想いを感じる。

2日目

興味の惹かれた農業者の現場でお手伝いをし、1日目に聞いた想いの現場を感じる
夜は収穫したもので料理をつくり、みんなで一日を振り返り、大宴会!!

3日目

二日間で感じたことを共有し、農、生き方について自分の心にまとめる時間
最後はみんなと眺めの良い山頂から、ワークキャンプを振り返り、3日間を共に
過ごしたみんなとランチを食べ、各自帰路へ


受け入れてくれる人たちはどんな人か知りたい人は、カテゴリ「受け入れ先農家の紹介」
をご覧ください!!

≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。