スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

安曇野ワークキャンプレポート@加納班

 2009-09-29
こんばんは、非常に影の薄かったスタッフの宗一郎です!
やのっちに続き、加納班レポートアップさせていただきます。

安曇野ワークキャンプ
9月21日、加納班 報告&感想
メンバー、4名(男性2名、女性2名)

☆報告
午前:ジャガイモ(アンデスレッド)掘り、ごぼう掘り班.小豆収穫班
お昼ごはん:加納さん宅でピザ等をいただく。
午後:播種、草引き、間引き、水遣り
終了後:加納さん宅でかぼちゃプリンをいただく。

☆感想
我々、加納班は普段加納さんが行っていることをやらせていただいた。

ジャガイモ掘り…アンデスレッドという赤い色をした、さつま芋のようなジャガイモを取ったが、メンバー一同始めて見るジャガイモに興奮を隠せない様子。ねずみに食われていたりしていたため、場所によってよく取れたり取れなかったりした。

ごぼう掘り.小豆収穫…ここでは男女別れて、男性がごぼう掘り、女性が小豆収穫。ごぼうは、普通のごぼうより小さいサイズのもので楽勝!と思ったが、土が硬くて思いのほか悪戦苦闘。最初は楽しく話しながら掘っていたが、途中から真剣になり無言でやっていた。
小豆収穫は、細かい作業で時間内に作業を終わらせることの難しさを知り、こちらも最後は真剣な表情で収穫した。

休憩&お昼ごはん…この時間が4人にとって、この日一番の「収穫」となった。
休憩時間、加納さんがおっしゃった「飼い犬は飼い主に似る、という言葉があるが、農業も同じことが言えるのではないだろうか。種を蒔き、水を遣り、大事に育てていく、その過程で作物を作る人の愛情が伝わり、その人となりが育ち方や味となって表れてくるような気がする。」という言葉に我々一同、感銘を受けた。優しさと芯の強さを持っている加納さんの大好きな黒豆は、今まで食べた黒豆の中で一番美味しかったということは言うまでもない。
また、昼食は加納さん宅でいただき、加納さん一家と一緒に食卓を囲んだ。2人の愛娘は加納さんの足から離れようとせず、ずっと加納さんに乗っかっていて、奥さんもそれを微笑ましく見守っている。そんな、家庭愛を見ながらいただくピザは愛情溢れる最高のピザだった。

播種…この作業は腰にくる。農作業の大変さを再び知ることになり、途中で少しまとめて播いたりしたら、加納さんが後から一粒一粒播きなおしてくれた。プロの心はここでも表れた。

草引き.間引き.水遣り…ここで難しいと感じたのは、水遣り。全体に遣ればいいだけではなく、ある程度土に浸透するまで遣るということ。ホースの関係である場所だけ水浸しになったり、すぐ乾燥してしまったり。

終了後…再び、加納さん宅に戻りかぼちゃプリンをいただいた。かぼちゃの甘さと、家族の愛情を見て、我々4人は幸せな気持ちのまま帰路についた。

全体を通して…作業をやらせていただいた4人とも共通して「愛」ということを見させていただいた。農作物への愛情、家庭への愛情、現代の人が大切と言いながらもなかなか実生活の中では表しにくいこの感情が、素直に無理なく加納さんには現れていた。
それが、見られただけでも大満足の一日だった。
最後に加納さんへの一言!

「愛が十(あいがとう)」ある加納さん、「ありがとう!」(笑)
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。