スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

受け入れ先農家の魅力溢れる人紹介 その3 ~どあい冒険くらぶ 大浜さん~

 2009-09-06
こんにちわ、しげです。

遅くなってしまいましたが、受け入れ先農家の魅力溢れる人紹介
その3 ~どあい冒険くらぶ 大浜さん~です。

                 s-P6212645.jpg


大浜さんは、どあい冒険くらぶという、地元の子供達が週末に野外活動する
冒険くらぶを企画しています。

そんな活動の傍ら、さまざまな農作物を育てながら可愛いヤギも飼っています。
                  コピー ~ s-P6212659

ワークキャンプ当日にはこのやぎさんの乳搾りをして、やぎ乳からチーズを
作る予定もあるということです。


大浜さんは半農半子供という感じで、農業のほうはどちらかというと
奥さんのほうが主導権を握っているみたいです。

大浜夫婦の子供と農業を中心としためざしている生活は、現在まさに
進行形のところで「なま」の声が多く聞けると思います。


せっかくなので、どあい冒険くらぶのお手伝いをさせてもらいました。
今回の活動では、大人たちがプログラムを提供して子供達に楽しんで
もらうのではなく、自然の中で子供達に考えてもらい自由に遊んでもらう
というコンセプトでした。


                 s-P6212569.jpg

しかしこの日は生憎の雨、雨が降っているならと天然の傘がある森に散歩に
行きました!
森に行く途中に子供達の畑に寄って行きました。

                 s-P6212560.jpg

ここはなずなちゃんの畑。綺麗な花や奥にはヒワマリが大きくなっています。
他の子供達も、「おっきくなってるー、種を植えたのに出てこないー!」など
自分の畑で自然の不思議を感じていました。




                 s-P6212572.jpg


森にはいると大きな蔓があり、子供達が交代にターザンをしました。
与えられたおもちゃで遊ぶより、子供達の笑顔が活き活きして見えます。

森から出ると日頃の行いが良いのか日が差してきました。
そこでお昼に向けて子供達だけでで火起こしに挑戦!!

与えられた道具はマッチと藁と大きめの木。
まっちで日をつけたことのない子供達は火をなかなかうまく使えない、
するとある子供が「まず火のつきやすいものに点けるんだ」って提案しました。

その為に藁があるんだよ~って思ってたら、子供達がありえない発想を!!


藁には目もくれずリュックサックにダッシュ、バックから取り出してきたものは「絆創膏」
絆創膏を包んでいる薄い包装紙を集めて出しました!!
そして、「しげ、これ持ってて」って包装紙から出されたむき出しの絆創膏の束を
渡されました。
子供の発想はすごい、そして結果火は点きませんでした、、、

そこで大浜さん、藁の使い方、火の性質を説明しながら火を一緒に点けました。

                 s-P6212600.jpg


自分達で起こした火で、パンケーキを作り、男の子たちは秘密基地も作りました。

                 s-P6212651.jpg


                 コピー ~ s-P6212620


子供達と農的生活が入り混じっている生活というのも大変興味深いものでした。

小さい頃から自然に触れ合う大切さ、そこでしか気づけないこと、大きくなってからも
必ず残っているもの。
小さいころからそういう環境をつくることは大切だと感じました。
また、大浜さんの奥さんが即席で作ってくれた作り立てバターも絶品でした。


是非、子供みたいな子供の心をもった大浜さんと、奥さんに会いに来てください!!

しげ

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://azuminoworkcamp.blog38.fc2.com/tb.php/26-921f952f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。